スポンサード リンク

強度近視 レーシックについて

レーシック(LASIK:Laser in Situ Keratomileusis)は、角膜屈折矯正手術の一種で目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術。マイクロケラトームとよばれるカンナのような機械で角膜の表面を薄く削りフラップ(ふた状のもの)を作り、めくる。そこにエキシマレーザーを照射し、角膜の一部を蒸散する。その後フラップを元の位置に戻し、フラップが自然に接着するまで(約2〜3分)待つ。

角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり(凹レンズを用いたのと同じ効果)、近視が矯正される。また、検眼のデータをもとにレーザー照射を調節することで乱視も矯正可能である。マイクロケラトームの代わりにレーザー(イントラレーザー)によってフラップを形成する術式もある。

〜wikipedia〜より転載

強度近視だけでなく、一度視力が低下すると改善することは非常に難しいです。しかし、どうしても視力をかいふくさせたいのであればレーシック手術という選択肢があります。


レーシック(LASIK:Laser in Situ Keratomileusis)は、角膜屈折矯正手術の一種で目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術。

マイクロケラトームとよばれるカンナのような機械で角膜の表面を薄く削りフラップ(ふた状のもの)を作り、めくる。そこにエキシマレーザーを照射し、角膜の一部を蒸散する。その後フラップを元の位置に戻し、フラップが自然に接着するまで(約2〜3分)待つ。

角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり(凹レンズを用いたのと同じ効果)、近視が矯正される。また、検眼のデータをもとにレーザー照射を調節することで乱視も矯正可能である。マイクロケラトームの代わりにレーザー(イントラレーザー)によってフラップを形成する術式もある。

〜wikipedia〜より転載

手術失敗のリスクもあるレーシック手術ですか、最近では精度が上がっていてより成功率が高い治療方法になっていますね。レーシック手術を受けることで、メガネやコンタクトレンズをつける必要がなくなるので、スポーツ選手が受けるケースが多いです。レーシック手術を受けた代表的な例でいえばゴルフ界のスーパースタータイガーウッズ選手ですね。また、ドーム球場など乾燥するところで試合をすることが多いプロ野球選手が受けるケースが大変多いです。数年前にはオリックスの的山選手がレーシック手術を受けたそうです。トレードマークの眼鏡がなくなってファンとしてはさびしい限りですが・・・・

それでも、レーシックは他の手術同様、失敗、術後合併症等のリスクがゼロではなくさらにドライアイになりやすいという欠点もあります。

posted by 強度近視 at 20:27 | 強度近視 レーシックについて

強度近視が原因の怖い病気

強度近視を放置しておくと、白内障、緑内障をはじめとした目の病気の要因となりかねません。ここでは強度近視が要因となる病気を紹介していきます。まずは白内障です。白内障は目の疾患のひとつでレンズの役目を果たす眼球内の水晶体が灰白色ににごり、そのため物がかすんだりぼやけて見えたりするようになることです。

現代医学ではこの白内障を一度発症すると完全には元に戻らないといわれています。また年齢を重ねるにつれて発生の確率が上がるので老化現象の一つとも考えられています。この白内障は自覚症状がなく、症状が進行しやすいのが特徴ですね。この白内障を予防するには、もちろん強度近視にならないことも重要ですが紫外線を避けたり、または正しい食生活が非常に重要になってきます。


次に緑内障です。
緑内障は、眼圧の上昇などが原因で視神経が障害され視野が狭くなる病気ですね。緑内障は、白内障同様に自覚症状が初期の段階ではほとんどないので気づいた時には病気が進行してしまっていることが多いのです。緑内障が進行すると、徐々に視野が狭くなってくるのですが両目で視野をカバーしているため、実際に狭くなってきていても
気が付かない人が多いとても厄介な病気ですね。

この緑内障の予防としては、こちらももちろん強度近視にならないことと糖尿病などの生活習慣病に気を付けること。やはり食生活は重要です。また、自覚症状がありませんので、いつかかっているか分かりません。定期的に眼科で健診を受けるようにしましょう。
posted by 強度近視 at 14:15 | 強度近視が原因の怖い病気

強度近視の原因2

強度近視になる原因は、食生活や姿勢の悪さから来るだけではありません。以下の事も強度近視の原因になります。

『新陳代謝が悪い』または『呼吸が浅い』
これはえっ!?って思う人もいるでしょう。しかしこれが強度近視の原因になってしまうんですよ。これを改善する最も手っ取り早い方法は
酸素バーなどに行くこと。近くにない人は家で腹式呼吸をやってみるのもよいでしょう。長く深い呼吸をし、大量の酸素を取り込む事で体内のガス交換がスムーズになります。ガス交換がスムーズになればそれにともない当然血行もよくなるので自然と眼もよく見えるようになります。

また、強度近視は運動不足も原因の一つになります。運動不足といっても重要なのは足の運動で、なぜ足の運動が重要かというと、足には様々な部分に影響があるつぼが密集していますよね。体内の血流を動かすには、足の筋肉をほぐして血行を良くするのが一番だからです。血行もよくなるのでこちらも自然と眼がよく見えるようになります。

また、目自体を鍛えるのも強度近視には効果的です。実は目を酷使しているように思える現在の生活環境ですが、パソコンやテレビなど一点を見つめたまま目を動かさないということが多いんですね。そのため、目の調節機能を司る筋肉が緊張している状態になっています。目の筋肉を鍛えるには毛様体筋などの瞳孔運動とピントの調節を行っている内眼筋、眼球を上下左右に動かす眼球運動を行う外眼筋を動かすトレーニングが効果的です。
posted by 強度近視 at 16:09 | 強度近視の原因

強度近視の原因

強度近視は、原因の大半が生活習慣、生活環境によるものと言われています。われわれの身の回りは強度近視の要因となるものだらけですね。
例えばテレビもそうですし、テレビの画面を見るテレビゲームももちろん原因の一つです。さらにパソコンなんかもそうですし携帯電話もそうです。強度近視の原因だらけですね・・・・・

また、強度近視はこれらのことも原因の一つとされています。まず姿勢の問題。姿勢が悪いと両目で対象物をきちんと見ることができず、左右の目がバランスを欠いてしまいます。このため左右の視力差が生じてしまい乱視になってしまいます。また、猫背になると首から上がうっ血してしまいます。そのため眼球の内圧が高まり、毛様体筋が緊張して眼軸に影響を及ぼし、近視になります。

強度近視の原因は食生活の乱れも原因の一つです。食生活は生活習慣の大きな部分を占めるわけですが、強度近視にも影響を与えます。目にいい栄養素としてはビタミンAが有名ですが、それと同様に意識したいのがカルシウムの摂取です。カルシウムが体内で欠乏してくると毛様体筋の働きが鈍くなり近視になります。しかし、骨格を形成するためにカルシウムが非常に多くなる12〜16歳にはいつもより余計にカルシウムを摂取しなければいけないのですがカルシウムの吸収を阻害する清涼飲料水を摂取したり、テレビゲームや勉強など目を酷使することが多いため、強度近視になりやすい年齢でもあります。最近は小学生でも強度近視になるらしいですし・・・
posted by 強度近視 at 22:34 | 強度近視の原因

強度近視とは?

強度近視の原因は、我々の生活習慣、生活環境が原因のほとんどを占めます。現代社会では視力を奪う要因があまりにも多く視力を保つことは
むすかしいのが現状です。テレビゲームも強度近視の要因の一つですし
最近はパソコンを使ってのデスクワークも多くなりました。むしろ近視の人よりも視力が1,5とか保っている人を探す方が難しいんじゃないかと思いますが・・・・

また、最近では小学生でも強度近視になってしまうケースが増えています。強度近視がひどくなると、白内障、飛蚊症、網膜剥離などの怖い病気の要因にもなります。強度近視の問題として、少し前まで眼鏡のレンズの厚さの問題がありました。フレームの厚さを軽く超えるようなレンズで、メガネをかけていると勝手に落ちてきたりと最悪だったんですが、こちらは技術が進んで薄くても強度近視の人に対応できるものができてきました。価格は高いけど・・・・

視力は一度落ちてしまうと、元に戻すのは不可能に近いです。しかし、少しでも原因を取り除くことで強度近視になるのを防いだり、少しでも回復させたりということは可能です。また、最悪、自分の努力だけでは改善が難しいという場合にはレーシック手術という選択肢もありますね。
posted by 強度近視 at 17:03 | 強度近視とは

検索順位チェックツールseo-R
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。