スポンサード リンク

強度近視 レーシックについて

レーシック(LASIK:Laser in Situ Keratomileusis)は、角膜屈折矯正手術の一種で目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術。マイクロケラトームとよばれるカンナのような機械で角膜の表面を薄く削りフラップ(ふた状のもの)を作り、めくる。そこにエキシマレーザーを照射し、角膜の一部を蒸散する。その後フラップを元の位置に戻し、フラップが自然に接着するまで(約2〜3分)待つ。

角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり(凹レンズを用いたのと同じ効果)、近視が矯正される。また、検眼のデータをもとにレーザー照射を調節することで乱視も矯正可能である。マイクロケラトームの代わりにレーザー(イントラレーザー)によってフラップを形成する術式もある。

〜wikipedia〜より転載

強度近視だけでなく、一度視力が低下すると改善することは非常に難しいです。しかし、どうしても視力をかいふくさせたいのであればレーシック手術という選択肢があります。


レーシック(LASIK:Laser in Situ Keratomileusis)は、角膜屈折矯正手術の一種で目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術。

マイクロケラトームとよばれるカンナのような機械で角膜の表面を薄く削りフラップ(ふた状のもの)を作り、めくる。そこにエキシマレーザーを照射し、角膜の一部を蒸散する。その後フラップを元の位置に戻し、フラップが自然に接着するまで(約2〜3分)待つ。

角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり(凹レンズを用いたのと同じ効果)、近視が矯正される。また、検眼のデータをもとにレーザー照射を調節することで乱視も矯正可能である。マイクロケラトームの代わりにレーザー(イントラレーザー)によってフラップを形成する術式もある。

〜wikipedia〜より転載

手術失敗のリスクもあるレーシック手術ですか、最近では精度が上がっていてより成功率が高い治療方法になっていますね。レーシック手術を受けることで、メガネやコンタクトレンズをつける必要がなくなるので、スポーツ選手が受けるケースが多いです。レーシック手術を受けた代表的な例でいえばゴルフ界のスーパースタータイガーウッズ選手ですね。また、ドーム球場など乾燥するところで試合をすることが多いプロ野球選手が受けるケースが大変多いです。数年前にはオリックスの的山選手がレーシック手術を受けたそうです。トレードマークの眼鏡がなくなってファンとしてはさびしい限りですが・・・・

それでも、レーシックは他の手術同様、失敗、術後合併症等のリスクがゼロではなくさらにドライアイになりやすいという欠点もあります。

posted by 強度近視 at 20:27 | 強度近視 レーシックについて

検索順位チェックツールseo-R
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。