スポンサード リンク

強度近視の原因2

強度近視になる原因は、食生活や姿勢の悪さから来るだけではありません。以下の事も強度近視の原因になります。

『新陳代謝が悪い』または『呼吸が浅い』
これはえっ!?って思う人もいるでしょう。しかしこれが強度近視の原因になってしまうんですよ。これを改善する最も手っ取り早い方法は
酸素バーなどに行くこと。近くにない人は家で腹式呼吸をやってみるのもよいでしょう。長く深い呼吸をし、大量の酸素を取り込む事で体内のガス交換がスムーズになります。ガス交換がスムーズになればそれにともない当然血行もよくなるので自然と眼もよく見えるようになります。

また、強度近視は運動不足も原因の一つになります。運動不足といっても重要なのは足の運動で、なぜ足の運動が重要かというと、足には様々な部分に影響があるつぼが密集していますよね。体内の血流を動かすには、足の筋肉をほぐして血行を良くするのが一番だからです。血行もよくなるのでこちらも自然と眼がよく見えるようになります。

また、目自体を鍛えるのも強度近視には効果的です。実は目を酷使しているように思える現在の生活環境ですが、パソコンやテレビなど一点を見つめたまま目を動かさないということが多いんですね。そのため、目の調節機能を司る筋肉が緊張している状態になっています。目の筋肉を鍛えるには毛様体筋などの瞳孔運動とピントの調節を行っている内眼筋、眼球を上下左右に動かす眼球運動を行う外眼筋を動かすトレーニングが効果的です。
posted by 強度近視 at 16:09 | 強度近視の原因

強度近視の原因

強度近視は、原因の大半が生活習慣、生活環境によるものと言われています。われわれの身の回りは強度近視の要因となるものだらけですね。
例えばテレビもそうですし、テレビの画面を見るテレビゲームももちろん原因の一つです。さらにパソコンなんかもそうですし携帯電話もそうです。強度近視の原因だらけですね・・・・・

また、強度近視はこれらのことも原因の一つとされています。まず姿勢の問題。姿勢が悪いと両目で対象物をきちんと見ることができず、左右の目がバランスを欠いてしまいます。このため左右の視力差が生じてしまい乱視になってしまいます。また、猫背になると首から上がうっ血してしまいます。そのため眼球の内圧が高まり、毛様体筋が緊張して眼軸に影響を及ぼし、近視になります。

強度近視の原因は食生活の乱れも原因の一つです。食生活は生活習慣の大きな部分を占めるわけですが、強度近視にも影響を与えます。目にいい栄養素としてはビタミンAが有名ですが、それと同様に意識したいのがカルシウムの摂取です。カルシウムが体内で欠乏してくると毛様体筋の働きが鈍くなり近視になります。しかし、骨格を形成するためにカルシウムが非常に多くなる12〜16歳にはいつもより余計にカルシウムを摂取しなければいけないのですがカルシウムの吸収を阻害する清涼飲料水を摂取したり、テレビゲームや勉強など目を酷使することが多いため、強度近視になりやすい年齢でもあります。最近は小学生でも強度近視になるらしいですし・・・
posted by 強度近視 at 22:34 | 強度近視の原因

検索順位チェックツールseo-R
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。