スポンサード リンク

強度近視が原因の怖い病気

強度近視を放置しておくと、白内障、緑内障をはじめとした目の病気の要因となりかねません。ここでは強度近視が要因となる病気を紹介していきます。まずは白内障です。白内障は目の疾患のひとつでレンズの役目を果たす眼球内の水晶体が灰白色ににごり、そのため物がかすんだりぼやけて見えたりするようになることです。

現代医学ではこの白内障を一度発症すると完全には元に戻らないといわれています。また年齢を重ねるにつれて発生の確率が上がるので老化現象の一つとも考えられています。この白内障は自覚症状がなく、症状が進行しやすいのが特徴ですね。この白内障を予防するには、もちろん強度近視にならないことも重要ですが紫外線を避けたり、または正しい食生活が非常に重要になってきます。


次に緑内障です。
緑内障は、眼圧の上昇などが原因で視神経が障害され視野が狭くなる病気ですね。緑内障は、白内障同様に自覚症状が初期の段階ではほとんどないので気づいた時には病気が進行してしまっていることが多いのです。緑内障が進行すると、徐々に視野が狭くなってくるのですが両目で視野をカバーしているため、実際に狭くなってきていても
気が付かない人が多いとても厄介な病気ですね。

この緑内障の予防としては、こちらももちろん強度近視にならないことと糖尿病などの生活習慣病に気を付けること。やはり食生活は重要です。また、自覚症状がありませんので、いつかかっているか分かりません。定期的に眼科で健診を受けるようにしましょう。
posted by 強度近視 at 14:15 | 強度近視が原因の怖い病気

検索順位チェックツールseo-R
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。